三日月パンと彼女

  南米の旅を共にした彼女は、とてもとても美味しそうにクロワッサンを頬張った。 私はその姿がとても好きで、何枚も何度もシャッターを切った。 あるふとした瞬間に、その幸せなごはんの時間を思い出す。 ごはんに限らず、おやつも、その他 食べるもの全を彼女はとても美味しそうに食べた。 そして彼女が食べた跡はいつもとて...

春の前、雪が降る日

  毎年のことながら、雪が降ると嬉しくなる。 もちろん、たくさん降る地域はとても大変なのだけれども。 うちでも母がお庭の植物たちに傘をさしてあげて、 ベランダ内に入れられるお花を急いで中に入れて、大雪に備えていた。 私はレインブーツを履いて、 吹雪いていようと外に出て、 頭に雪が積もりながらもひたすら雪の中を...

+−0

  少しずつ少しずつ、休日がくる度に昔のものを捨てるようになってきた。 昔描いたデッサンだとか、クロッキー帳だとか。たいした重みはないけれども、 確かに自分のやったことがきちんと積み重なった形跡を見た気がした。 クロッキー帳やデッサンは、一枚一枚じっくりとそれを確かめた後、処分した。 先週捨てたのは、色見本帳...